2 物件選び・現地見学

地元のネットワークを活かし、WES-Tが物件選びをサポートします。

物件選びのポイントは

中古住宅の最大の魅力は、やはり価格が安いこと。
でも、何か欠陥があったらどうするの?という不安とリスクがつきまといます。

こんな点に注意しましょう。

耐震性
昭和56年6月1日以降に着工された住宅には、建築基準法に基づく新耐震基準が適用されており、震度6強の揺れでも倒壊しないとされる設計なので、ひとまず安心です。
ただし、増築により構造が変化している場合もあるので、図面と現況を比較してみる必要があります。

雨漏り・シロアリ
木造住宅の大敵は、雨漏り・シロアリによって構造となる木材が劣化することです。天井裏や壁に雨漏りの跡がないか、床下の木部にシロアリ被害がないかチェックします。
構造さえしっかりしていれば、定期的な点検と設備のメンテナンスで、住宅性能は保たれます。

建物構造の状態
床の傾斜、建具のゆがみ、壁や基礎のコンクリートの亀裂は、建物構造の問題の表れなので要注意です。

 

建物がわかる人と見る

ご要望があれば、WES-Tの建築士や住宅事業者が現地見学に同行したり、資料をもとにアドバイスをします。
暮らしのワンストップサービス「暮らすワン」を申し込むと、省エネ・断熱・性能向上についてのアドバイスも無料サービスを利用できます。

 

納得・安心できる物件を選ぶ

インスペクトハウス売主には一定期間の瑕疵担保責任があるため、引渡し後に瑕疵が発見されたとしても、売主に補償を求めることができます。しかし、そのときになって売主が修理代を支払えるかどうかわかりません。
WES-Tでは、売主と買主の安心な取引のために、定期的に住宅点検を行い維持管理・修繕している住宅を「点検済み住宅」、さらに所定の条件を満たす住宅を「インスペクトハウス」に認定しています。
WES-Tがおすすめする認定済みの住宅なら、プロの目で点検済みなので安心です。万一のリスクに備えて、売主が瑕疵保険に加入している場合もあります。

 

現地見学では

現地見学をするときは、近隣のコミュニティのこと、街の様子、お子さんの通学路の安全についてなど、気になることは遠慮なく、宅建業者や売主に聞いてください。
WES-Tの宅建業者なら、となりに高層マンションが建つ計画があれば、公表前にそれとなく地元の同業者から耳に入るので、日影になるような物件は、おすすめしません。
駅から実際に歩いてみたり、何度か別の条件(昼と夜、晴天と雨天など)で周辺環境をチェックして、その街での暮らしを想像してみるとよいでしょう。
また、土砂崩れや河川の氾濫の心配がないか、周辺の地形を観察したり、ハザードマップで確認します。

→ 3 購入申込みへ